呼吸 型 柱 の話

のむら整骨院

0774-72-4678

〒619-0224 京都府木津川市兜台3-10-11

受付時間/【月~金】8:30~12:00【土】8:30~13:00
【月~水】15:30~20:00【金】15:00~20:00
※予約がなくても受診できます。
※混み具合によってお待ちいただく場合もあります。
休診日/木・土曜日の午後、日曜日、祝日

呼吸 型 柱 の話

スタッフブログ

2021/01/04 呼吸 型 柱 の話

整体に必要な「呼吸」

施術する時、効果的な理想の呼吸があります。それは、
「相手(患者様)と呼吸を合わせる」という事です。
指圧する際、「押す時に吐き、引く時に吸う」
という呼吸を相手(患者様)と行います。
指先に感覚を全集中し、筋肉の奥の状態を読み取ります。
ですから、
施術の際は、押されている時は、息を吐いて下さい
施術効果が高まりやすくなります。

整体の「形」

次に「型」ですが、
整体では、「型」ではなく、「形」と表記する方が適切だと考えています。
剣道や、柔道、空手、私が行っていた、少林寺拳法でも、形という字を使います。(空手では、型を使う流派もあります。)
形には、「基本の形であるが、相手の変化に対応して変形する」という意味もあるためです。
整体の形は、「基本の形」(ベーシック)と、
「応用の形」(テクニック)があり、
稽古事の様に、「守・破・離」があります。
かたい話はこれぐらいにして…。
次は「柱」の説明です。

腰痛、膝痛の改善に共通する3つの柱

第一の柱
柔軟性を上げる
:「前屈、後屈、横倒し、捻る」といった可動域が広い状態は、
筋肉が柔らかく、血行が良い状態です。
腰椎は、意外と可動域が元々狭いので、
胸椎、股関節、太ももの前、後
の柔軟性を上げる事が大切です。
:太ももの前と膝裏の柔軟性が大切です。
第二の柱
筋力をつける
:腹筋に加えて、臀部の筋力も骨盤を支える要素です。
:太ももの前、特に内側の筋力が重要です。
第三の柱
体重コントロールをする
:お腹周りの脂肪は、反り腰になり、腰痛の原因になります。
:体重が1kg増えると、膝への負担が平地では約3倍
階段では約6倍に増えると言われています。
3kg増えると、平地では約9kg
階段では、約18kgもの負担が膝にかかります。
つまり、
平地では、米袋を持って歩き、
階段では、4、5才の子どもを、おんぶして昇降している
事になります。
考えるだけで、疲れてきますね…。
この3つの柱の一つでも欠けていたら、症状は、改善しにくくなります。
それぞれ、重要な柱。
あなたには、どの柱が必要ですか?

のむら整骨院
電話番号 0774-72-4678
住所 〒619-0224 京都府木津川市兜台3-10-11
受付時間 【月~金】8:30~12:00【土】8:30~13:00【月~水】15:30~20:00【金】15:00~20:00
ご予約優先 ※予約がなくても受診できます。※混み具合によってお待ちいただく場合もあります。
休診日 木・土曜日の午後、日曜日、祝日

Instagramはこちら

TOP